ヒットの予感!! 2018


イギリス生活情報誌 
月刊
ミスター・パートナー
〒160-0022
東京都新宿区新宿
2-15-2岩本和裁ビル5F
TEL.03-3352-8107
FAX.03-3352-8605
利用期間/11月22日〜2月28日 6月1日〜8月31日
宿泊料金/2,500円
(凌雲閣での入浴料込、冬期は暖房料+300円)
すべて相部屋(寝袋持参の素泊まりのみ)
和室 6畳、10畳、12畳、2段ベッド(12人分)
(6畳ではペットも一緒に泊まれます)
チェックイン15:00 チェックアウト10:00

アクセス/JR上富良野駅より車で約25分
別館山荘がリーズナブルなお値段で復活
北海道の山の自然を思う存分楽しもう

 北海道で最も高所にある温泉「十勝岳温泉 凌雲閣」が、20年ぶりに別館の山荘『上富山荘』を復活させた。高地にある本館からさらに100メートル下に位置するこの山荘は、登山やバックカントリー、写真撮影を目的とする層やツーリング、ペットと一緒に泊まりたい旅行者のニーズに応えるため、寝袋持参の利用に留めることで価格を安価に抑えたアクティブ派向けの施設だ。温泉と食事は、本館を割引料金で使用することができ、貸出寝具も用意しているので、素泊まりが不安な人へのバックアップも十分。
(ライター/大嶋ひかり)

十勝岳温泉 凌雲閣別館 上富山荘
TEL:0167-39-4111(凌雲閣) Eメール:ryounkaku.onsen@gmail.com

「仕事と住まい、移住の相談を引き受けます」

営業時間/8:30~17:15 定休日/土・日曜日・祝日
アクセス/JR羽後本荘駅より徒歩約10分
『由利本荘市』で仕事をしたい人全力サポート

 住みたい田舎だと今話題の『由利本荘市』。人気を集める同市役所の『仕事づくり課』では、移住希望者をサポート。積極的に移住相談会などのイベントを開催している。最近では「移住+継業」企画の第2弾として、地元のカフェ「カトルセゾン」の引継ぎ希望者を募集。熱意ある引継ぎ手募集など、移住後のビジネス支援も万全だ。
(ライター/大嶋ひかり)

由利本荘市役所 まるごと営業本部仕事づくり課
TEL:0184-24-6247 FAX:0184-24-6268 Eメール:shigoto@city.yurihonjo.lg.jp
ホームページ http://yurihonjo-teiju.jp/

災いを良いことに変えると言われる「木彫りのうそ鳥」の御守り。

アクセス/福島交通飯坂線飯坂温泉駅より徒歩約10分
知恵の神様にあやかる魅力に溢れた神社

 西根神社の境内には、『高畑天満宮』という「もう一つの神社」がある。天満宮と付くだけあって、祀っているのは学問の神様。毎年行われる「うそかえ祭」は、天神様の参拝者を襲った蜂の大群をうそという鳥が食い尽くしたという伝説に基づくもの。期間中に木彫りのうそ鳥を手に入れると、受験合格などのご利益があると評判だ。
(ライター/大嶋ひかり)

西根神社 高畑天満宮
TEL:024-542-6474 FAX: 024-543-0341

左:『富岡製糸場』
右:『ブリュナエンジン』
創業時の蒸気機関(復元機)を動態展示。(土日祝 10:30〜14:30 稼働)

営業時間/9:00〜17:00 定休日/12/29〜31
アクセス/上信電鉄上州富岡駅より徒歩約15分
近くで見る世界遺産・国宝はまさに圧巻

 言わずと知れた世界遺産『富岡製糸場』。対外貿易の目玉として生糸の輸出に力を入れた日本政府が近代化を目指して設立した模範器械製糸場であり、品質の向上と技術者の能力上昇の為の官営模範工場として、教科書にも掲載されている。現在までほぼ変わらぬ姿で残されている富岡製糸場が現地で見学可能だ。音声ガイドにも対応。
(ライター/大嶋ひかり)

富岡市観光協会
TEL:0274-62-6001 FAX:0274-67-7775 Eメール:kankou@tomioka-ta.jp
ホームページ http://www.tomioka-silk.jp/

開催地/越後湯沢 越後のお宿「いなもと」
『いなもとの断糖体験』 2泊5食付き 32,000円(税込)
2018年4月・5月・6月・9月の毎週火曜日開催。

営業時間/電話受付 9:00~17:30
定休日/土・日曜日・祝日
アクセス/「いなもと」JR越後湯沢駅より徒歩約2分
断糖×温泉。美味しく食べて体質改善

 美味しい食事を食べてゆっくりしながら健康になる…そんな夢のような話が「株式会社カンコー」の『断糖×温泉』プランなら実現可能だ。越後湯沢駅から徒歩2分の「いなもと旅館」で温泉を楽しみ、砂糖や米、小麦といった糖を多く含む食品などを排除しながら、味は抜群の食事を堪能。気軽に実践できる2泊3日の糖質制限で、体質改善のきっかけを作ろう。
(ライター/大嶋ひかり)

株式会社 カンコー
TEL:0258-27-3772 FAX:0258-27-3767 Eメール:k-kanko@ebony.plala.or.jp

お一人様1泊一室2食付(2名様) 和室「野の花亭」 16,000円(税別)〜
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

アクセス/JR石和温泉駅より徒歩約20分(無料送迎あり)、タクシーで約5分、中央自動車道一宮御坂ICより約15分
小さな宿だからこそできるこだわり
緑溢れる中庭を眺めながら、ゆったり寛ぎ空間

 山梨県石和温泉郷は、果実の産地で有名な甲府盆地のほぼ中心に位置し、南アルプスや富士山に囲まれた地。その中で『くつろぎの邸 くにたち』は、真心こめたおもてなしが温かい、全19室の小さな宿だ。オープン以来大好評の「薬石浴 嵐の湯」では、選び抜かれた薬石と温泉水の相乗効果で大量の汗と老廃物を排出させ、体の中から癒させること間違いなし。その他3つの貸切風呂も完備。また、季節の旬材を織り込んだ和テイストの会席は、色鮮やかで目にも楽しいお食事がオススメ。目的や季節、シーン別に合わせたプランであなただけの特別な時間を。全館畳敷きの館内・細やかなサービスで心ゆくまでリラックスできる。
(ライター/田上智美)

くつろぎの邸 くにたち
TEL:055-263-2311 FAX:055-263-7039 Eメール:info@isawa-kunitachi.com
ホームページ http://www.isawa-kunitachi.com/

左:『味噌もつ丼』平日のみ 723円(税込)
中:『えびちり丼』830円(税込)
右:『すし屋のゆば丼』1,350円(税込)

営業時間/8:30〜17:15 定休日/土・日曜日・祝日
アクセス/JR身延駅より車で約6分
お気に入りの丼もの、身延にあり

 日蓮宗総本山・久遠寺やレジャー体験…山梨県身延町には魅力がたくさん。しかし、「ここでしか味わえないグルメってあるの?」という声も。丼ものを身延の新名物にしようと名乗りを上げた町内14店が自慢のメニューを披露し、活性化を図るのが『身延どんぶり街道』。地域イベントとの共同メニュー開発なども積極的に行う。
(ライター/大嶋ひかり)

身延町商工会
TEL:0556-62-1103 FAX:0556-62-1183 Eメール:minobu-donburi@fujikawa.or.jp
ホームページ http://www.minobu-donburi.jp/

大人750円 小学生400円
幼児(4才以上)150円

営業時間/10:00~翌1:00(入浴受付は24:00まで)
定休日/不定休
アクセス/広島電鉄宇品線宇品ニ丁目駅より徒歩約10分
家族でのんびり満喫できる入浴スポット

『ほの湯』には、誰もが楽しく過ごせるところがたくさん。1階は身体の隅々まで癒してくれる「手もみ処」や「寝転び座敷」、おいしい食事が堪能できる「食事処」が揃う。2階は露天にある源泉、岩風呂、炭酸泉を満喫。種類豊富な浴槽は、どれから入るか迷ってしまいそうだ。週末に家族で訪れれば、「また来たいね」と笑顔がこぼれること間違いなし。心が「ほ」っとする癒しの温泉だ。
(ライター/大嶋ひかり)

宇品天然温泉 ほの湯
TEL: 082-252-1126
ホームページ http://www.honoyu.jp/ujina/


[イギリス生活情報誌]月刊 ミスター・パートナー 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル5F TEL.03-3352-8107 FAX.03-3352-8605