今の大ヒットはこれだ!! 2019


イギリス生活情報誌 
月刊
ミスター・パートナー
〒160-0022
東京都新宿区新宿
2-15-2岩本和裁ビル5F
TEL.03-3352-8107
FAX.03-3352-8605
 
スピリチュアルカウンセラー
笠(りゅう) さん
幼少期より人とは異なる感覚を持つことに気づく。大学で心理学を学び、統計的な手法による心的過程の観察を続ける中で、「占い」に人の心を救済する普遍的なメカニズムを見つけ出し、占いカウンセラーの道に進む。

著書「AKASHA CARD 正しい生きる道を教えてくれる 幸せな人生への道しるべ」 徳間書店刊
下左:癒しイベント銀座「Natura(ナチュラ)」に出展。
下右:『アーカーシャカード』
未来を指し示す24枚のカード
占いの新ツールを著書で解説

不思議な力で的確に占い
選択岐路での利用を願う


『AKASHA CARD(アーカーシャカード)』。メディアへの露出が増えている人気スピリチュアルカウンセラー笠(りゅう)さんが「人の未来をタロットカード以上に的確に占うことができないか」と考えて創作した占いの新たなツールだ。そのオリジナルカードを付け、創作の経緯や使い方を詳述した著書「AKASHA CARD正しい生きる道を教えてくれる 幸せな人生への道しるべ」が2019年春出版された。笠さんは、占いに対する考え方も示した本書で、カードについて「何かの力が働いているとしか言えない結果が出ます」と表現している。
「タロットカードは、歴史的な時問軸が長く、1枚のカードに込められて意味が複雑多岐にわたり、占い師によって解釈が数通り存在してしまいます。それもメリットであるのですが、その専門性が高い部分、 初心者がすぐに習得するには難しいと考えます」
 こう指摘して、占い師でなくても使いこなせるように創ったのが『AKASHA CARD』だ。
 AKASHAは、サンスクリット語で虚空を意味し、古来インド哲学では世界を構成する要素を指す概念。78枚1組がもっとも一般的なタロットカードに対し、『AKASHA CARD』は24枚構成で、1日が24時間あることから派生した枚数。カードのコンセプトは宇宙が生まれた時からのすべての出来事の記憶「アカシックレコード」にアクセスし、肯定するための情報をカードから導き出すというもので、それぞれのカードには世界最古の石時計ナプタ・プラヤや世界最古の天文盤ネプラ・ディスク、世界最古の計算機アンティキティラの歯車など未だに解釈が定まっていない建造物や物体が象徴として描かれている。
 使い方については、マイナンバー、ゴッドプレスユー、アカシック、ステラ、クルクスなどの方法を紹介し、利用者自身でルールを作ることも可能としている。
「マイカードという存在をあらかじめ決めておくのもよいかも知れません。自分を象徴するカードは上から7番目のカードであるというルールを作り、7番目のカードが教えてくれることを基に行動をおこすものありと考えています」
 少年期から友人の相談を受け、悩みから解き放してあげたいと思うようになったという笠さんは、大学で心理学を学び、統計的な手法による心的過程の観察で、占いに人の心を救済する普遍的なメカニズムがあることを確信して占いの道に進んだ。日常生活の様々な選択、人生の岐路で迷ったときに役立ててほしいというのが、人一倍強い探究心と発想力が生み出した『AKASHA CARD』に込めた思いだ。
(ライター/斎藤紘)

スピリチュアルカウンセラー
ホームページ https://ryu-sign.com/

代表・一級建築士
加藤毅 さん
1983年、岐阜県大垣市生まれ。国立岐阜高専建築学科、同校建設工学専攻科を卒業。10年間の設計事務所勤務、下積みを経て、2017年に独立、『加藤毅建築設計事務所』を開設した。2009年から移住した長野県安曇野市にて拠点を構え現在に至る。
施主さんや敷地との対話から
生まれる「自然なかたち」

住み手と敷地に似合う
自然なかたちの住宅を


 長野県安曇野市で新築・リフォーム物件の設計、監理、メンテナンスなどを請け負う『加藤毅建築設計事務所』。代表加藤毅さんの手がける設計は「住まい手と敷地に似合う自然なかたちの住宅」がモットーだ。そのために、加藤さんは設計中に何度も敷地へ足を運ぶ。敷地の周りを散策するうちに様々な発見があるのだという。敷地に身を置き、暑い時も雪の日も経験することで、そこからたくさんのヒントが得られる。そして、その土地の能力を最大限に引き出し暮らしに還元していく。
 もう一つ重視しているのが施主さんとの対話。出会ってから契約までの工程でセールストークはせず、素直に伝えることを大切にしているという。良好なコミュニケーションこそ、後悔しない家づくりの第一歩となるのだ。
 加藤さんは、確かな技術と熱意、持ち前の責任感で、設計・監理だけでなく、土地探し、資金計画、行政機関への申請・交渉にいたるまで、トータルにサポートしてくれる。建築家と二人三脚で二つとない住まいをつくりたい方の心強いパートナーである。
(ライター/ナガノリョウ)

加藤毅建築設計事務所
TEL/0263-87-5697 Eメール/info@katoarch.com
ホームページ http://www.katoarch.com/

所長
安藤孝彦 さん
岐阜県土岐市生まれ。1987年に『アンドウ設計事務所』を設立。住む方が築いてきた歴史を大切に、ライフスタイルを維持しながら住みやすい空間を創出。自然素材をふんだんに取り入れた建築が得意。

自然素材と和のぬくもりある家づくり。
住まい手の思いを汲み取り
あたたかさに包まれる建築を

住む方のストーリーを共有し
建物を建築


 岐阜県土岐市に『アンドウ設計事務所』を構える一級建築士の安藤孝彦さん。建築で大切にしているのは、住まう方それぞれのストーリーを形にすること。家を創る作業のなかで、住まい手は改めて自分を見出だし、何が大切かを考えることになる。その住まい手と価値観を共有し、安藤さんは客観的かつ専門的な提案を行う。住まいは、長い歴史を共に生きる場として創造するものであり、住まう人の考えや思い、環境を考えながら構築すべきとのスタイルだ。思いが存分に込められた建物は、包まれるようなあたたかさに満ちることになる。
 安藤さんは、木や珪藻土など、自然素材を取り入れることにも積極的。自然素材ならではの経年変化により、味わいが一層増すという。また、美濃焼の窯元と協力し、建具の取っ手やトイレの手洗いボウルなどに多彩に取り入れている。
 新築からリフォーム、店舗や動物病院など様々な建築を手がけてきた安藤さん。その経験を生かしながら、今日も新たな建物に命を吹き込んでいる。
(ライター/ナガノリョウ)

アンドウ設計事務所
TEL/0572-59-1215 Eメール/info@atelier-ando.com
ホームページ https://www.atelier-ando.com/

代表取締役
中村幸一 さん
宮大工だった祖父の代から続く創業79年の工務店『株式会社東京住宅リフォーム』の代表取締役。2級建築士、2級建築施工管理技士、測量士の国家資格保有。木材加工、型枠支保工、アーク溶接、建築鉄骨組立など多様な技能を持つ。

火災保険で屋根、外壁をキレイにできた建物と高橋さん親子。
左下:ていねいな説明をする中村さん。
傷んだ家屋を資金0(ゼロ)円で修理
火災保険の広い適用範囲利用

修繕やリフォーム時に
建造物の隅々まで調査


 古い家の雨漏りを直したいがお金がない。こんな相談を受け、自己資金ゼロで修理。『株式会社東京住宅リフォーム』の代表取締役中村幸一さんのマジックのような施工事例だ。そのカラクリのカギは「火災保険」にある。
「火災保険は、火事による被害でしか保険が下りないと思っている方が多いのではないでしょうか。実は、火災保険がカバーしている範囲は非常に広く、風水害や雪害、地震など自然災害による被害の修理で火災保険が使える場合があるのです。当社は、戸建、アパート、ビルなどの修繕やリフォームの相談を受けると、まず、建物の保険を知り尽くした建物診断のプロが建物の隅々まで調査し、火災保険の対象になる修理と判断した場合、申請し、保険金がおりたらそのお金で対象箇所を修理するというステップを踏みます」
 中村さんによると、火事以外の被害の修理に火災保険が適用されたケースの保険金は、戸建で平均120万円、アパートで平均220万円、ビルで平均1050万円にのぼり、経済的負担の軽減に寄与するという。
「当初は、リフォームができずに困っていた地元のお年寄りのために始めたことがきっかけ。予想以上の反響で、皆さんが大変喜んでくれました」
 もしかしたら、あなたの家も自己資金是ゼロで直せるかもしれない。
(ライター/斎藤紘)

株式会社 東京住宅リフォーム
TEL/0120-301-971 Eメール/ tokyo1reform@gmail.com
ホームページ http://1sora.com/

代表取締役・不動産鑑定士
小川哲也 さん
1999年、宅地建物取引士登録。2003年、不動産鑑定士登録。不動産コンサルティング会社、マンションデベロッパーで実績を積み、2016年『おがわアセットカウンセル株式会社』開業。国や県の地価公示評価員を務める。相続診断士、不動産鑑定士、不動産カウンセラー。
不動産に係る様々難問解決に
不動産分析の経験と知見動員

底地処分の悩みに対応
相続や投資に適切助言


 膨大な法律知識が求められる不動産鑑定士の国家資格を持つ『おがわアセットカウンセル株式会社』の代表取締役小川哲也さんは、不動産の鑑定評価だけでなく、借地権が設定された、いわゆる底地を巡るトラブル、不動産投資、不動産相続などのコンサルティングでも頼りにされる存在だ。
「底地で借地人との契約解除が難しく、相続税対策で土地を処分したくてもできない地主さんは少なくありません。問題を解決するためには、過去の経緯を重視することが重要であり、地主さんや借地人さんの思いを汲みながらロジカルに話し合いを進めていきます。投資用マンション建設を検討する地主さんからのご相談には、ディスカウントキャッシュフロー法による賃料シミュレーションで正確な賃料を提示できるので、精度の高い計画を立てることが可能になります」
 小川さんは、1500件超の不動産分析の経験と知見を生かし、不動産投資家や不動産戦略を必要とする中小企業に対しても、不動産価格のセカンドオピニオンの提供や不動産計画の策定などでも支援する。
(ライター/斎藤紘)

おがわアセットカウンセル 株式会社
TEL/04-7136-2153 Eメール/kantei@ogawa-asset.com
ホームページ http://ogawa-asset.com/

代表取締役
田向定雄 さん
不動産会社勤務を経て、1988年『いわて不動産』設立。2000年、株式会社化。宅建マイスター・フェロー。宅地建物取引士や米国公認不動産経営管理士など20超の不動産関係資格保有(CMP、相続3種、○○鑑定2種ほか)。

被災地復興のためのコンサル事業の概要図。
不動産のコンサルでタイムリーに行動し
当事者双方の利と被災地のための約9000坪

宅建取引最高位の称号
高齢化の諸課題も考察


 国交省登録の講習機関、公益社団法人不動産流通推進センターが認定する最高位の宅地建物取引のエキスパート、宅建マイスター・フェローの一人、『いわて不動産』の代表取締役田向定雄さんが不動産取引やトラブルに関するコンサルティング業務で貫いてきたのが、客観的な視点からの物件の調査、分析と当事者双方の利を常に考える姿勢だ。
「不動産コンサルティングは、医療の検査と同様に調査、分析が重要であり、その精度が低ければ問題解決にはつながりません。相談の対象になった物件の周辺環境など複雑な要素も考慮し、物件の特質を見極めることが第一歩。その上で、当事者の隠れた事情や気持ちを汲み取り、中立的な立場から双方に利がある着地点を探っていきます」
 田向さんは、相続関係の資格も持ち、宅建マイスター・フェローの称号を得る論文審査では、高齢化時代の不動産取引の課題を深く掘り下げ、法律行為ができなくなる認知症にも言及。高齢者が当事者となる不動産取引が不正行為にならないための対策を論じ、高い評価を受けた。
(ライター/斎藤紘)

いわて不動産 株式会社
TEL/019-622-2400 Eメール/mail@iwate-f.co.jp
ホームページ http://www.iwate-f.co.jp/

代表
桑原眞人 さん
大学時代に宅建士の資格を取得。不動産デベロッパーで営業・経理・物件企画を担当。2016年に独立し、『YOUR REAL ASSET』を設立。資産形成コンサルタントとして活躍。「予祝MAP講師」「7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーター」「わたしは自分の子どもが大好き大賞」理事・実行委員長。「わたしは自分の仕事が大好き大賞」理事。

「自由な時間」プロデューサー、不動産HAPPYクリエーター。
不動産投資を中心とした分散投資コンサル。セミナー・イベント主催及び講師。
下:第1回「わたしは自分の子どもが大好き大賞」
経験豊富・親身な不動産コンサル
貴方の夢を多方面でサポート!

不動産会社で実力示す
全国イベントも支える


「貴方は『お金の就職先』を考えたことありますか。そして、夢を叶えたい! という方に夢の叶えるキッカケを不動産でサポートを行っています」と話すのは、『YOUR REAL ASSET』代表の桑原眞人さん。
 宅建士としての知見と以前からの経験実績を活かした不動産投資支援などで夢のサポートを行う。「銀行という〝他人のお金〟で購入し、家賃という〝他人のお金〟で返済する。これが不動産投資です。若い会社員が将来の経済的安定をそれに基づく精神的安定を得る複業としてオススメしています。不動産の選定基準や日本の未来像、キャッシュフローなどのご相談から物件選定までサポートを行っています」
 桑原さんは、夢を叶えるために「予祝講師」として予祝MAPセミナーや7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーターやNPO法人2つの理事も務めるなど、不動産だけではなく広い検知を持っているのが魅力だ。先日、第1回「わたしは自分の子どもが大好き大賞」を理事・実行委員長として支え成功させている。桑原さんにポリシーを聴くと「利他」と返ってくる。夏よりオンラインでのグループコンサルも予定しており、ますます活躍の幅を広げている。
(ライター/斎藤紘)

YOUR REAL ASSET
TEL/080-5495-9386 Eメール/your.real.asett@gmail.com
ホームページ https://ameblo.jp/yourrealasset/

代表取締役
神藤(しんとう)雅男 さん
大阪市内・阿倍野区で不動産売買のコンサルティングで実績。全日本不動産協会、近畿地区不動産公正取引協議会、不動産保証協会、全日本不動産近畿流通センターの会員。
不動産売買のコンサルで示す
行動力・情報収集力・分析能力

知見動員し最適解追求
情報の質と量にも自信


 行動力、情報収集力、分析能力を強みに、多種多様な不動産売買のコンサルティングで実績を重ねているのが『株式会社アイ・リアルエステート』の代表取締役神藤(しんとう)雅男さんだ。地域密着の営業スタイルと他を圧する不動産情報の質と量で相談件数は増える一方だ。
「当社には、何らかの事情で不動産の売却が必要になった方、買い替えの為に売却したい、他社の物件と比べてみたいといった方のほか、住宅ローンを滞納して金融機関から自宅を競売に掛けられるおそれがある方、金融機関の合意を得て自宅を任意売却したい方など様々な方からご相談を受けています。それら一つひとつに親身に対応し、当該不動産の特質、課題を見極めながら、関連する法律などの専門知識や不動産市況の状況判断をフルに動員し、最適解を見出していきます」
 神藤さんは、全日本不動産協会や近畿地区不動産公正取引協議会、不動産保証協会、全日本不動産近畿流通センターなどに加盟し、不動産に係わる税法や関連の法改正案などの情報収集努力を重ねている。
(ライター/斎藤紘)

株式会社 アイ・リアルエステート
TEL/06-4399-7600 Eメール/info@airealestate.co.jp
ホームページ http://airealestate.co.jp/


[イギリス生活情報誌]月刊 ミスター・パートナー 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル5F TEL.03-3352-8107 FAX.03-3352-8605